【ドーナドーナ】感想・レビュー!ゲームの特徴を徹底解説【アリスソフト新作RPG】

ハルウラレ系RPG『ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう』の紹介です。

『ランス』や『イブニクル』など、誰もが知る有名エロゲを数多く世に生み出してきた「アリスソフト」の新規IPということで、多くの人が注目している作品です。

  • ド―ナド―ナってどんなゲーム?
  • エロシーンの特徴は?
  • どのような人におすすめ?

この記事では、『ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう』を遊んでみた感想や評価、ゲームの特徴についてまとめています。

ゲームを遊ぶ際の参考にしてみてください。

ドーナドーナ:遊んでみた感想・レビュー

作品名ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう
通常価格7,920円
ジャンルRPG
サークル・メーカーアリスソフト
公式サイトドーナド―ナ 公式サイト

『ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう』の特徴をまとめるとこんな感じです。

ゲームの特徴
  • 裏で悪事を働く大企業との戦いを描いたクラン抗争ストーリー
  • 女の子を攫って売春させるハルウリシステム
  • メンバーを交代させながら戦うターン制コマンドバトル
  • 一緒に戦うことで仲間の好感度が上がるフィーリングシステム

Hシーンはもちろんのこと、バトルシステムや経営要素などもしっかりと作り込まれており、非常にクオリティの高いゲームだと感じました。

ただコマンドを選択して敵を倒していくだけの単調なRPGではなく、パーティー編成やキャラの立ち位置を考えながら戦う必要のある戦略性の高いバトルが魅力的です。自由度も高く、プレイヤーの好きなようにゲームを攻略することができます。

ただテキストを読むだけの紙芝居ゲーではなく、「遊べるエロゲ」として楽しむことができる作品です。

体験版」では、キャプター2章マップ「佐山医院」クリア、「20日経過」までプレイすることができます。序盤なので物語の全容を深く知ることはできませんが、ゲームの雰囲気を知ることはできると思います。

気になる方は「FANZA」「DLsite」で体験版を遊んでみてください。

ドーナドーナ:ゲームの特徴

わるいこたちのレジスタンス活動を描いたハルウラレ系RPG

企業にすべてを制御され、何一つ不自由のない生活を送ることができる場所「亜総義市」。ここに住む市民は何も疑うことなく、与えられた平和を享受していました。

しかし、そんな世の中に疑問を呈し、企業に対して攻撃を仕掛ける者たち「抗亜」が現れます。主人公は抗亜グループの一員として、愉快な仲間たちと共に、企業に抵抗するべく行動を開始します。

秩序を否定する行為を繰り返す抗亜の目的とは?亜総義市に隠された秘密とは?平和な街で繰り広げられる若者たちのレジスタンス活動を描いたエロゲRPGです。

主人公の所属するグループ「ナユタ」は、抗亜の中でも最も少数の勢力。何も考えていないリーダーに代わり、ナユタのナンバー2である主人公の「クマ」がグループの指揮を執ります。

性技に長けすぎたロリ少女や、意外と押しに弱い乙女ギャルなど、ヒロインたちも魅力的。個性豊かな仲間たちと共に、好き勝手に街を暴れまわるハチャメチャなストーリーを体験することができるでしょう。

ゲームの流れ

  • 特定のマップを探索することでメインストーリーが進行
  • 仲間キャラの好感度を上げて個別ストーリーを見る(エロイベント発生&能力アップ)
  • 女の子たちに売春させてお金を稼ぐ
  • ショップでアイテムを購入し、より難易度の高いマップを探索

ゲームの流れとしては、マップを探索して敵と戦いつつ、仲間キャラの好感度を上げて能力をアップさせたり、エロイベントを発生させたりしながら、メインストーリーを進めていく、といった感じです。

誰でも楽しめるような難易度になっているので、エロゲ初心者の人にもおすすめできます。

ヒトカリ:街を探索して女の子をゲット

本作は、街を探索して女の子やアイテムをゲットする「戦闘パート(ヒトカリ)」と、女の子に売春させて資金を稼ぐ「運営パート(ハルウリ)」に分かれており、ヒトカリとハルウリを繰り返しながらストーリーを進めていきます。

マップの探索ではプレイヤーが探索ルートを選択することができ、進んだルートによって異なるイベントが発生します。敵に襲撃されたり、アイテムを手に入れたり、時にはエロイベントが見られる「ユニークキャラ」に出くわす場合も。

少しずつルートを開拓しながら、売春させる女の子を探したり、奥で待ち受けるボスを倒したりするのが戦闘パートの基本的な流れです。

本作のバトルシステムは、仲間を交代させながら敵と戦うターン制コマンドバトルです。

仲間キャラが使用するスキルには「距離」と「属性」が設定されており、技の範囲に届く敵にしか攻撃することができません。攻撃できる範囲に敵がいない場合は、仲間キャラの立ち位置を変更する必要があります。

仲間キャラの立ち位置を入れ替えながら戦うこのバトルシステムがめちゃくちゃ面白い!

後衛にいるキャラのスキルを使用する場合、位置調整のために前衛と入れ替える必要があるのですが、前衛は敵の攻撃を受けやすいのでHPの低いキャラだと戦闘不能になるリスクが高くなります。もちろん、ストーリーを進めれば後衛を狙い撃ちしてくるような敵も現れるため、敵に合わせてパーティーの編成を変えていく必要があります。

どの敵から倒すか、どのスキルを使用するか、色々と戦略を練りながら戦うのがこのゲームの面白いところです。敵の攻撃力もそこそこ高く、油断しているとやられる難易度となっているので、かなりやりごたえのある戦闘を楽しむことができるでしょう。

キャラクターごとに異なる多彩な攻撃モーション、アニメーションによる戦闘演出が魅力的です。BGMもクールで爽快感が凄い!

一部の攻撃の発動時にはキャラのカットインが入り、ド派手な必殺技を披露してくれます。押し寄せる敵を次々と撃退していくスピーディー爽快感のある戦闘を楽しむことができるでしょう。

一緒に戦闘することで仲間の好感度が上がり、新しい技やアクティブスキルを習得します。ヒロインたちのエロイベントも発生するので、好みのキャラは優先して戦闘に参加させるのが良いでしょう。

ハルウリ:捕まえた女の子に売春させてお金を稼ぐ

戦闘パート(ヒトカリ)」で捕まえた女の子は、「運営パート(ハルウリ)」で売春させることができます。

客のステータスを確認しながら売春させる女の子を選択。客の好みに合うように女の子をセレクトすることで、より多くのお金を稼ぐことができます。

ヒトカリで女の子を捕まえ、ハルウリで軍資金を調達、装備を整えてより難易度の高いマップを探索する、というのがこのゲームの流れです。

ハルウリさせる女の子たちには「ルックス」「テクニック」「メンタル」合計3つのステータスが設定されており、ハルウリの結果に大きな影響を与えます。

  • ルックス:値が高いほど客が指名しやすくなる
  • テクニック:売春成功時に稼げるお金の量が増える
  • メンタル:値がDまで下がると売春させることができなくなる

アイテムを使用したり、コミュニケーションを取ることでステータスアップが可能。ただし、ハルウリさせ続けるとメンタルが低下して使い物にならなくなります。

女の子を適切に管理しながら、うまく稼がせるのが攻略のコツです。

ユニークヒロイン」と呼ばれる一部のキャラクターは、ハルウリさせることでエロイベントを見ることができます。

「3回ハルウリさせる」や「特定の客にハルウリさせる」など、特定の条件を満たすことでイベントが発生。女の子ごとに異なるサイドストーリを楽しむことができます。

ユニークヒロインのデザインは「黒本君」や「さくやついたち」など複数人の有名イラストレーターが担当。1つの作品で様々な絵師さんのエロシーンを楽しめる作品でもあります。

さらに、画像と設定テキストを用意することでオリジナルの女の子や顧客をゲーム内に登場させることができます。

ランスシリーズの人気ヒロイン「シィル」や「志津香」はもちろんのこと、他のエロゲメーカーの人気ヒロインたちをゲーム内に登場させることも可能です。

人気ヒロインたちに売春させることができるということで、色々と妄想が捗りそうです。

イチャラブ、売春、凌辱シチュなど、エロイベント満載

Hシーンのシチュエーションを簡単にまとめるとこんな感じです。

  • メインヒロインたちとイチャラブH
  • 仲間が敵にさらわれてエッチなことをされる凌辱シチュ
  • 捕まえてきた女の子たちに身体を売らせる売春シチュ

主人公とのエッチ以外にも、ハルウリの客や敵勢力の男たちとのエッチシーンも多数収録。様々なシチュエーションのエッチシーンを楽しむことができます。

ぴっちりとしたタイツ・ボディースーツの質感がめちゃくちゃエロい!

ほぼ痴女と変わらない露出した戦闘服に、テカテカで光沢感のある独特な絵柄も相まって、より一層ヒロインたちをエロく感じさせます。コスプレフェチの人にもおすすめできそうな作品です。

ゲームクリア後の特典・引き継ぎ要素

ゲームをクリアすると、新ダンジョンや新機能が解放され、一部のアイテムやお金を2週目に引き継ぐことができます。

ゲームクリアの特典

  • 自作ジンザイがゲーム内に登場するようになる
  • 登場人物たちを売春させることができるようになる
  • お金や経験値UPアイテムを2週目に引き継ぐことができる
  • 新ダンジョンの解放
  • スタッフの開発秘話&設定資料の公開

プレイ時間は約50時間。各キャラのイベントを楽しみながらゆっくりとゲームを進めたいという人や、2週目をプレイする人は100時間くらい遊べると思います。

選択式のADVではなく、特定のマップで全滅したり、仲間が攫われた状態で撤退を選ぶことでエロイベントが発生するので、1周目で全てのCGを解放するのは少し難しいと感じました。

1周目は好きなようにプレイして、ロードで戻る、もしくは2週目でCGを回収するのが良いでしょう。オートセーブに対応しているので各章の初めにすぐ戻ることができます。

Hシーンの内容

  • メインヒロイン(6人):1人につき9~10シーン
  • サブヒロイン(3人):1人につき1~3シーン
  • ユニークヒロイン(13人):1人につき2シーン

合計で約90以上のHシーンを楽しむことができる大ボリューム作品。

イチャラブから調教、凌辱シチュまで、様々なシチュエーションに対応しています。実用性の高いシーンが多いので抜きゲーを探している人にもおすすめ。

感想まとめ

以上、ハルウラレ系RPG『ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう』の紹介でした。

エロシーンやバトルシステムも然る事ながら、とにかくストーリーが面白い!

主人公たちの過去や戦う理由がストーリー後半で徐々に明らかになっていく王道の展開に加えて、クラン同士の抗争や勢力争いの様子なども見応えがあり、つい夢中になってゲームをプレイしてしまいました。あと少しだけと寝る間も惜しんでプレイしたくなるような魅力が本作にはあります。

別の組織の介入など、続編を匂わせるような要素や設定が多数ゲーム内に散りばめられているので、今度の「アリスソフト」の動向に注目していきたいです。

発売日は2020年11月27日です。 FANZAで体験版が、公式サイトとYouTubeに紹介PVが配信されているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。


攻略情報については、こちらの記事を参考にしてみてください。

【ドーナドーナ攻略】CG・回想シーン解放条件まとめ!効率的にゲームを進める方法