【サムライヴァンダリズム】レビュー・感想【同人エロゲRPG】

エロ同人ゲーム『サムライヴァンダリズム』の紹介です。

大和の治安維持のために組織されたサムライ部隊「鬼灯」の一員である主人公が、国を守るために幕府を潰そうと企む反幕派の組織と戦う和風ダークファンタジーRPG。

『軋轢のイデオローグ』や『ダークエルフのヒストリア』などの人気RPGを手掛ける同人サークル「ONEONE1」の新作ゲームです。

  • サムライヴァンダリズムってどんなゲーム?
  • エロシーンの内容は?
  • どのような人におすすめ?

この記事では、『サムライヴァンダリズム』を実際に遊んでみた感想や評価、ゲームの特徴についてまとめています。

ゲームを遊ぶ際の参考にしてみてください。

サムライヴァンダリズム:レビュー・感想

作品名サムライヴァンダリズム
通常価格4,400円
ジャンルRPG
サークル・メーカーONEONE1

同人サークル『ONEONE1』の超大作同人エロゲRPGがついに発売。

1つのエンディング到達までのプレイ時間は約8時間程度。

ゲームの特徴

  • ダンジョンを攻略してボスを倒すマップ探索RPG
  • クエストの結果でストーリーが分岐するマルチエンディング形式
  • 最大3人パーティーのターン制コマンドバトル
  • アニメーションのバトルファックHシーンあり
  • 淫乱度によってエロシーンの内容が変化する段階エロ
  • 売春、遊郭、悪堕ち、NPC殺戮、出産、何でもありの大ボリューム作品
製品情報

  • 基本CG枚数435枚以上(エロCG290枚以上)
  • エロシーン279種類(イベントエロ116、NPCエロ163)
  • エンディング10種類
  • 主要女性キャラクター全員フルボイス対応
  • 1280×720のHD画質
  • 回想シーン解放あり

遊んでみてまず最初に感じた印象は「画面がめちゃくちゃデカい!」でした。

過去作は640×480の解像度でしたが、本作からunity製になったことで1280×720のHD画質で遊べるようになり、フルスクリーンの大画面でエロシーンを見ることができるようになりました。HD画質の綺麗なCG、ぬるぬる動くアニメーションの演出など、エロシーンのクオリティがとにかく素晴らしい!

同人サークル「ONEONE1」さんの作品と言えば、圧倒的なボリュームと分岐するストーリーが特徴的ですが、本作でもその特徴がしっかりと引き継がれています。

特にエロシーンに関しては、CG枚数290以上、エロシーン数279以上と前作『軋轢のイデオローグ』の約2倍のボリュームとなっています。

操作できる主役キャラが4人に増えたことでNPCイベントのバリエーションが増え、戦略性のあるバトルが楽しめるようになったのもポイント。主人公以外のサブヒロインにも複数エロシーンが用意されており、女性キャラ14名全員にエロシーンがあります。

過去作全てプレイしてきた私ですが、エロシーンに関しては間違いなく過去最高のクオリティと言える出来です。

サムライヴァンダリズム:ゲームの特徴

ストーリー内容

東洋の小さな島国「大和」が物語の舞台。

国を統治している「幕府」と幕府を潰そうとする「反幕派」が国を巡って争う時代。主人公「神八代無黒」は幕府直属のサムライ部隊である「鬼灯(ほおづき)」の一員として、人々を守るために戦います。

主人公以外に準主役キャラが3名登場し、各章で操作キャラを切り替えながらストーリーを進めていきます。主人公以外のキャラにも「NPCエロイベント」がしっかりと用意されており、売春イベントやセクハラシーンも各ヒロインごとに内容が異なります。

キャラの個性やシナリオに力を入れているのも『ONEONE1』作品の特徴。行方不明になっていた主人公の姉が敵組織の幹部として姿を現す展開など、バトル漫画を読んでいるかのような熱いストーリー展開が魅力的です。

主人公のダークエルフ化、生きとし生けるものの天敵「ベヒーモス」の存在など、過去作の設定が一部引き継がれています。過去作とのストーリーの繋がりにも注目です。(もちろん、過去作をプレイしていなくても問題なく楽しめます)

他にも、本作の舞台は東洋の島国ですが、別の大陸から過去作『軋轢のイデオローグ』の登場人物たちが仲間として駆けつけてくれるなど、過去作ファンの人が思わずあっと驚くような嬉しいサプライズが多数用意されています。

『軋轢のイデオローグ』の主人公「クレイシア」が成長してママになっている姿が見られるので、過去作ファンの人はぜひチェックしてみてください。

マルチエンディング形式のストーリー

クエストの結果によってルートが分岐するマルチエンディング形式のストーリーが本作の見どころ。

序章の共通ルートから分岐して、全部で3つのルート、10のエンディングが用意されています。

進むルートによって主人公が所属する組織も異なるため、同じ登場人物でも関わり方が違ってきます。思い人と結ばれるのか、それとも仲間と敵対して我が道を行くのか、どのような結末を迎えるかはプレイヤーの行動次第です。

  • 鬼灯ルート:正史ルート、純愛や処女プレイが可能
  • 白夜ルート:敵組織の白夜側(反幕派)につく物語
  • 浪人ルート:好き勝手生きるエロ特化ルート

序盤からエロシーンを見たいという人は「浪人ルート」がおすすめ。浪人ルートはヒロインたちが快楽に溺れて好き勝手生きるというストーリーで、NPCと売春エッチしたり、遊郭で働いたり、サクサクとエロシーンを見ることができます。

逆に、ストーリーをじっくりと楽しみたい、真エンディングを見たいという人は「鬼灯ルート」を進みましょう。鬼灯ルート、もしくは白夜ルートが公式がメインと定めた正史ルートみたいです。

ci-enの公式ブログで分岐条件が記載された「フロチャート」が配布されているので、気になる人は確認してみてください。

最大3人パーティーのターン制フロントビューバトル

過去作では1vs1で戦うシンプルなターン制コマンドバトルでしたが、本作では最大3人のキャラで戦うパーティー制のバトルになり、戦闘の幅が広がりました。

スキルを使用するとアニメーションのカットイン演出が発生。逆に敵の攻撃を受けるとアニメーションのバトルファックシーンに突入して犯されるなど、戦闘シーンの演出は過去作通り。

戦闘はシンボルエンカウント方式が採用されているので、サクサクとゲームを進めることができます。

装備画面からスキルをセットすることで様々な技が使用可能になります。

戦闘中に使用する攻撃スキルの他に、攻撃力や防御力を強化するパッシブスキルなど、様々なスキルが用意されており、自由にスキルを組み合わせることができます。

装備するスキルの組み合わせによって各キャラの戦闘スタイルを決定します。各キャラにどのような役割を持たせるか、自分なりに考えながらスキルをビルドするRPGらしいゲームシステムとなっています。

武器や防具の購入が無くなって少し寂しく感じますが、サクサクとゲームを進めることができるので、この戦闘システムも全然ありですね。

淫乱度によってエロシーンの内容が変化

ヒロインのHステータスの数値によってエロシーンの内容が変化する「淫乱度システム」が搭載。

Hの回数が増えれば増えるほどヒロインたちはドスケベに成長していき、全裸徘徊や売春が可能となります。

主人公以外のキャラにもHステータスが用意されており、各ヒロインごとに経験人数や売春で稼いだ額などを詳しく見ることができます。

今作からHステータスのゲームシステムが一新され、淫乱度などの各パラメーターは条件を満たせばプレイヤーの任意のタイミングでランクアップさせることが可能となりました。分岐条件やイベントの発生条件を管理しやすくなったので、かなりありがたいシステムです。

ストーリー後半では通常衣装とダークエルフ姿の切り替えが可能です。ダークエルフ姿でNPCイベントを発生させるとエロシーンの内容も変化します。

何人の男に犯されたのか、誰の子供を出産したのかなど、Hステータスを眺めているだけで興奮できます。女主人公を操作してエロイベントを発生させていくエロ同人ゲームならではの遊びを楽しむことができるでしょう。

エロシーンの内容

エロシーン数は279種類(イベントエッチ116+NPCエッチ163)

和姦イチャラブエッチ、売春、凌辱、異種姦など、バリエーション豊かなエロシーンが目白押しです。

「ONEONE1」作品お馴染みの「出産・妊娠システム」も搭載されており、ゴブリンやオークの子供を出産することも可能です。

エロシーンの内容を簡単にまとめるとこんな感じ。

  • 戦闘に敗北してモンスターに犯される
  • 敵組織に監禁されて囚人生活を送る
  • 遊廓街で売春
  • 男湯に入って乱交セックス
  • 将軍に性接待

情報を得るために身体を差し出したり、幕府の官僚に性接待でご奉仕したり、身体を売ってお金を稼ぐ「売春プレイ」が魅力的。目的のために様々な男たちと身体を重ね、徐々に快楽に溺れていくヒロインたちの姿に興奮すること間違いなしです。

ゲームクリア後に「コンフィグ」から回想シーンを全て解放することができるので、早くエロシーンを見たいという人にもおすすめできます。

「DLsite」で体験版をプレイすることができます。気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

同人サークル『ONEONE1』の過去作まとめ

作品名軋轢のイデオローグ
通常価格2,750円
ジャンルダークファンタジーRPG
サークル・メーカーONEONE1

同人サークル「ONEONE1」の過去作『軋轢のイデオローグ』もおすすめ。

新米騎士のエルフ「クレイシア」とその仲間たちが、凶悪な魔獣「ベヒーモス」の脅威から人々を守るために戦うダークファンタジーRPGです。

クエストの結果によってルートが分岐するマルチエンディングストーリーや、Hステータスによってエロシーンの内容が変化する淫乱度システムなど、『サムライヴァンダリズム』に近いゲーム性です。

ガッツリ遊べてボリューム満点の内容となっているので、『サムライヴァンダリズム』を遊んで面白いと感じた人は、ぜひ過去作もチェックしてみてください。

がっつり遊べてHシーン豊富な王道RPG