【ランスシリーズ】どれから始めればいいの?おすすめのプレイ順を徹底解説

「ランスシリーズってどれから始めればいいの?」という方に向けて、おすすめのプレイ順を詳しく紹介します。

1989年に「アリスソフト」から発売され、30年を越える年月を経て完結した超大作エロゲRPG。もはや知らない人はいない人気シリーズです。

しかし、長年続いているシリーズなので作品の数も多く、今から始める初心者の人はどの作品からプレイすればいいのか迷ってしまうと思います。

  • ランスってどんなゲーム?
  • 最初に遊ぶべきおすすめの作品はどれ?
  • 今更初めて本当に楽しめるの?

今回の記事では、シリーズ未プレイの方に向けて、ランスシリーズの特徴や最初に遊ぶべきおすすめの作品について詳しくまとめています。

ゲームをプレイする際の参考にしてみてください。

ランスシリーズってどんなゲーム?

ランスシリーズは1989年に老舗エロゲメーカー「アリスソフト」から発売され、30年を越える年月を経て完結した超大作エロゲRPGです。

凄腕の冒険者だけど女の子には目がない主人公「ランス」が、奴隷の魔法使い「シィル」と共に世界各地を冒険し、出会った女の子たちを自分の物にしていくというストーリー。

シリーズは本編が10作品、番外編が1作品あります。

キャラデザやゲームシステムが一新された「リメイク版」も発売されているので、絵柄が古臭いと感じることはないでしょう。今から始めても普通に楽しめると思います。

シリーズの魅力は何と言ってもこの主人公「鬼畜戦士ランス」です。

今の時代ではすっかり珍しくなった俺様系主人公。

気に入った女はどんな卑劣な手を使ってでも自分の物にし、気に入らない奴は容赦なく切り捨てるという自分勝手で決して善人ではない性格をしています。

しかし、外道だけど本当に一部の人達には優しかったり、素直に好意を寄せてくれる女性に対しては極端に弱くなったり(一度とある女性に正面から告白されて逃げ出したことがある)など、憎めない一面もあり、この主人公「ランス」の性格がシリーズの人気に繋がっているといっても過言ではありません。

ランスシリーズの魅力

  • 可愛い女の子を求めて世界各地を冒険
  • やり込み要素満載のゲームシステム
  • 徹底的に作り込まれたダークで壮大な世界観
  • 国家間のやり取り、戦争が描かれた大河ストーリー
  • 各作品ごとにゲーム性がガラリと変わる
  • 個性豊かなキャラクターが多数登場

リーザス王国、自由都市、ヘルマン帝国、ゼス王国、JAPAN、カラーの隠れ里など、大陸各地を冒険して国を救い、各国のお姫様を自分の女にしていく豪快なストーリーがランスシリーズの魅力。

各作品において、ストーリー、世界観、登場人物が全て繋がっており、シリーズを通して主人公は「ランス」1人です。

1~9の冒険で世界各国のお姫様と仲良くなり、最終作の10では過去の冒険で出会った仲間たちと力を合わせ人間界へと侵攻してきた魔軍と戦う、といった感じでシリーズは幕を下ろします。

ストーリーが全て繋がっており、各作品をプレイすることで世界の全容が少しずつ明らかになっていく作りになっているため、一度このシリーズに手を出してしまったら最後、シリーズ全作プレイするまで止まらなくなってしまうことでしょう。

それくらいストーリーが面白い!

どれから始めればいいの?おすすめのプレイ順

結論から先に言うと、どの作品からプレイしても楽しめます。

「ランスシリーズ」は各作品ごとにゲームシステムがガラリと変わるのが特徴的で、どの作品からプレイしてもストーリーを理解することができるようになっています。

ゲーム内で過去の出来事や世界観について詳しく説明してくれるので、シリーズ未プレイの方が置いてけぼりを食うようなことにはなりません。

予備知識なしでOKです。

おすすめのプレイ順をまとめるとこんな感じ。

  • おすすめのプレイ順:7→8→9→10
  • ストーリーを楽しみたい人:1→3→6→7→8→9→10
  • エロシーンを重視する人:3→9→10
  • 手っ取り早くシリーズの特徴を知りたい人:7→10
  • 時間に余裕がない人:とりあえず10だけプレイ

個人的に絶対遊んで欲しいおすすめの作品は『戦国ランス(7)』と『ランス10』です。

シリーズ完結編である『ランス10』をいきなりプレイしても問題ありません。『ランス10』はランスシリーズの登場人物が勢揃いし、イベントも多数用意されているので過去作を遊ぶきっかけになると思います。

私の場合は『戦国ランス(7)』から『ランス10』の順番でプレイして、その後に過去作を1からプレイするという感じでランスシリーズを知りました。

悩んでいる人はとりあえず7と10のどちらかをプレイすれば良いと思います。

ただし、『戦国ランス(7)』のエンディングが『ランス・クエスト(8)』『ランス9』『ランス10』のストーリーに関わってくるため、もし時間に余裕があるならば『戦国ランス』からプレイすることをおすすめします。

もちろん、それ以外の作品からプレイしても問題ありません。

エロシーンを重視するなら『ランス9』からプレイするのもありです。

『ランス9』では、魔想志津香、見当かなみ、シーラなど、シリーズ屈指の人気ヒロインたちが多数登場し、ヒロイン1人につき7~8シーン用意されています。

基本的にランスシリーズは「助けた代わりに抱かせろ!がはははは!」といった感じの「レイプ・凌辱エロ」が多いのですが、『ランス9』は各ヒロインのイベントを進めてエンディングを目指す「和姦イチャラブエッチ」が中心なので、エロシーンも実用的なものが多いです。

ランスシリーズ:おすすめの作品を紹介

ランス01 光をもとめて

作品名ランス01 光をもとめて
通常価格5,029円
ジャンルRPG+ADV
サークル・メーカーアリスソフト

『ランス01 光をもとめて』は、行方不明となっている貴族の娘の捜索依頼を受けた主人公「ランス」が、奴隷の「シャル」と共に女の子を求めてリーザス王国を冒険していくアドベンチャーゲームです。

ゲームの特徴
  • ランスシリーズ1作目のリメイク版
  • ADVとRPGを組み合わせたコマンド選択式アドベンチャー
  • カードを選択してダンジョンを攻略していく冒険要素

1989年に発売された『Rance -光をもとめて-』のリメイク版

グラフィック、戦闘システム、キャラデザの全てが一新。さらに、リメイクに伴って新規のシナリオが追加されるなど、全体的に内容がボリュームアップしています。

綺麗な画質でゲームをプレイできるので古臭い感じはしません。シリーズ未プレイの人でもすんなりストーリーに入り込めると思います。

本作のゲームシステムは、城下町を探索したり、道具屋でアイテムを購入したり、ランスの行動を選択してゲームを進めていくADVRPGを組み合わせた昔馴染みのコマンド選択式アドベンチャーです。

カードを選択してダンジョンを進む探索要素が本作の特徴で、モンスターカードや宝箱カードなど、選択したカードによって発生するイベントの内容が異なります。

伏せられて中身が分からないカードもあるため、先に進むまでどんなイベントが起こるか分からないというドキドキ感を味わいながらダンジョンを攻略することに。

分かりやすいゲームシステムで、ストーリーもサクサクと進みます。ランスシリーズを一から知りたいという人におすすめの作品です。

ランス03 リーザス陥落

作品名ランス03 リーザス陥落
通常価格7,480円
ジャンルRPG+ADV
サークル・メーカーアリスソフト 

『ランス03 リーザス陥落』は、陥落したリーザス王国を取り戻すため、主人公「ランス」が北の大国ヘルマンや裏で暗躍する魔人たちと戦うアドベンチャーRPGです。

ゲームの特徴
  • ランスシリーズ2作目のリメイク版
  • ランス01リメイク版のゲームシステムを正統進化
  • 国家間の戦争を描いたアドベンチャーRPG

1991年に発売された『Rance III -リーザス陥落-』のリメイク版

『ランス01 光をもとめて』のリメイク版と同様、戦闘システムやキャラデザが一新されており、新規シナリオも追加されています。さらに、本作はシリーズ初のフルボイス作品であり、ランスやシャルの声を聞くことができます。

ゲームシステムはADVRPGを組み合わせたコマンド選択式アドベンチャー自由都市やリーザス王国の各地を冒険して仲間を集めつつ、陥落したリーザス王国から王女リアを救出するために戦います。

カードを選択してダンジョンを進むランス01のゲーム性はそのままに、仲間を自由に入れ替えて戦うパーティー編成バトルなど、新しい要素が追加されたことでより戦略性の高いバトルが楽しめるようになりました。

「ここから歴史は動き始めた」と言うキャッチフレーズの通り、一介の冒険者に過ぎなかった主人公「ランス」が国家間の戦争に関わり、国の問題を解決していくという今後のランスシリーズの流れを作ったきっかけとなる作品でもあります。

絶対的な力を持つ魔人の登場や、シリーズの人気キャラクター達が続々と仲間になっていく様子など、どんどん盛り上がっていくストーリー展開に興奮すること間違いなしです!

RanceVI〜ゼス崩壊〜

作品名RanceVI〜ゼス崩壊〜
通常価格2,530円
ジャンル迷宮探索RPG
サークル・メーカーアリスソフト

『RanceVI〜ゼス崩壊〜』は、魔法王国ゼスを舞台に、主人公「ランス」がレジスタンス集団と共にゼス王国を転覆させる為に戦う3Dダンジョン探索RPGです。

ゲームの特徴
  • ランスシリーズ6作目
  • 魔法使いと奴隷の差別を描いたシリーズ屈指の名シナリオ
  • 30種類以上のダンジョンを探索していく迷宮探索RPG

一人称視点の3Dダンジョンを攻略していく迷宮探索RPG

仕事を引き受けて魔法王国ゼスを訪れていた主人公「ランス」ですが、この国では魔法使いでない人達が迫害を受けており、魔法使いの「シィル」を奴隷として連れ歩くランスは投獄されてしまいます。

自分の不遇にムカついたランスは、悪い魔法使いたちをお仕置きするためにレジスタンス集団に入り、王国ゼスとの戦いに身を投じていきます。

拠点でクエストを受注し、装備や道具を整え、ゼス王国の各地を冒険してストーリーを進めていくオーソドックスなRPG。6vs6のターン制、最大16人のパーティーで仲間を入れ替えながら戦うバトルシステムが特徴的です。

シリーズ屈指の名シナリオと言われるだけあり、ストーリーがめちゃくちゃ面白い!

ゼスを救うために味方の総力を結集して魔軍と戦うストーリー終盤の展開がめちゃくちゃ熱く、ランスの世界観にどんどん引き込まれていきます。

ストーリーを楽しみたいという人におすすめの作品。

戦国ランス

作品名戦国ランス
通常価格2,530円
ジャンル地域制圧型シミュレーション
サークル・メーカーアリスソフト

『戦国ランス』は、戦国時代の日本を舞台に、主人公「ランス」が国家と女性を征服するために軍を指揮して戦う戦略シミュレーションゲームです。

ゲームの特徴
  • ランスシリーズ7作目
  • 戦争を仕掛けて自分の領地を広げていく地域制圧型SLG
  • 50~100時間以上遊べる大ボリューム作品

ランスシリーズを世に広めた代表作。

美しいと評判の日本の娘たちとエッチするため、日本一の美女と噂される織田家の「香姫」を我が物にするため、鬼畜と呼ばれ大陸で大暴れしてきた主人公「ランス」は、奴隷の「シィル」を連れて大陸の東の端にある島国JAPANを訪れます。

本作は『信長の野望』のように他国に戦争を仕掛け、徐々に自分の領地を広げていく地域制圧型のSLGです。病に冒され体を動かすことのできない「織田信長」に代わって、主人公「ランス」が織田家の指揮を執ることに。

国を発展させて収入を上げたり、アイテムを使用して武将ユニットを強化したり、兵士を集めて戦の準備をしたりなど、自由度が高く本格的なSLG要素を楽しむことができます。

ダンジョンを攻略してアイテムを入手するようなRPG要素も取り入れられており、SLGが苦手な人でも楽しめるような工夫がされているので、初心者の方にもおすすめできます。

廉価版が発売されており、安い値段で購入できるのもポイント。シリーズの中でも一押しの作品です。

ランス・クエスト マグナム 統合版

作品名ランス・クエスト マグナム 統合版
通常価格4,180円
ジャンルフィールド探索RPG
サークル・メーカーアリスソフト 

『ランス・クエスト マグナム 統合版』は、主人公「ランス」が、奴隷の「シャル」にかけられた呪いを解くために大陸各地を冒険するフィールド探索RPGです。

ゲームの特徴
  • ランスシリーズ8作目
  • 3Dのフィールドを探索してモンスターを倒す王道RPG
  • 過去作のキャラクターが多数登場するターン制コマンドバトル

本編「ランス・クエスト」とアペンドディスク「ランス・クエスト マグナム」がセットになった統合版。

3Dのマップを探索してモンスターと戦い、ボスを倒してクエストを攻略していくフィールド探索型RPG同じアリスソフトのRPG「イブニクル」の元となった作品でもあります。

1回のクエストで攻撃できる回数に限りがある中、60人以上のキャラクターを自由に入れ替えて各マップを攻略していくパーティー編成コマンドバトルが本作の見どころ。キャラのレベルを上げて新しいスキルを習得したり、攻撃回数を増やしたりなど、自由度の高いキャラ育成要素を楽しむことができます。

過去作のキャラクターが多数登場するだけでなく、ランスシリーズの世界観の重要な役割を担う「AL教」や「創造神」の登場など、最終作『ランス10』に向けて伏線が張り巡らされているのも本作の特徴です。

本作をプレイすることでランスシリーズの世界観をより深く知ることができるでしょう。

ランス9 ヘルマン革命

作品名ランス9 ヘルマン革命
通常価格7,480円
ジャンルシミュレーションRPG
サークル・メーカーアリスソフト

『ランス9 ヘルマン革命』は、主人公「ランス」が、奴隷の「シャル」にかけられた呪いを解く秘宝を求めて、元ヘルマンの皇子「パットン」と共に革命軍として戦うタクティカルRPGです。

ゲームの特徴
  • ランスシリーズ9作目
  • マス目のフィールドで戦う戦略シミュレーションRPG
  • 革命軍の戦いを描いた重圧なストーリー

『ランス03』でリーザスへ侵攻し、ランスの活躍によって国から追われる身となった元ヘルマン帝国の皇子「パットン」がもう一人の主人公として登場。腐敗政治によって疲弊していたヘルマン帝国を取り戻すため、パットンはランスと協力してヘルマン革命を引き起こします。

本作のバトルシステムは、革命軍の精鋭部隊を指揮して敵を倒していくタクティカルRPGです。

マス目で区切られたフィールドの中でパーティーメンバーを自由に移動させ、拠点となる浮要塞を守ったり、敵部隊を全滅させたりするシミュレーション要素の強いゲームです。

元皇子の革命を描いた重圧なストーリー、戦略性の高いシミュレーションバトル、本作も過去作に負けず劣らずの高クオリティ。つい時間を忘れてプレイしてしまうことでしょう。

ストーリーは基本的に一本道です。エンディング分岐・CG回収の難易度も他のシリーズ作品と比べて難易度が低いので、エロゲ初心者の方でもサクサクとゲームを進めることができると思います。

そして何より本作のメインヒロイン「シーラ」がめちゃくちゃ可愛い!ヒロイン目当てで購入しても後悔はしないでしょう。

ランス10

作品名ランス10
通常価格7,920円
ジャンル大戦争RPG
サークル・メーカーアリスソフト

『ランス10』は、主人公「ランス」が奴隷の魔法使い「シィル」と共に人類軍の指揮を執り、魔物の大軍団と戦う戦争シミュレーションRPGです。

ゲームの特徴
  • ランスシリーズの登場人物が勢揃いする最終作
  • SLGとRPGを組み合わせたやり込み要素満載の大戦争RPG
  • 100~200時間以上遊べる大ボリューム作品

約30年続いた「アリスソフト」の人気シリーズ『ランス』の最終作。

大規模な戦争を指揮するSLG要素と、部隊を率いて戦うフィールド探索型のRPG要素を組み合わせた戦争シミュレーションゲームです。

『ランスシリーズ』の登場人物が全員登場。リーザス王国、自由都市、ヘルマン帝国、ゼス王国など、これまでの冒険で出会った仲間たちを部隊に編成し、人間界へと侵攻してきた魔軍と戦います。

部隊を率いてマス目のダンジョンを攻略したり、戦況を見て各地域に支援を行ったり、カードを集めてキャラを強化したりなど、各ターンの行動や戦争の状況によってストーリーが分岐するマルチエンディング形式となっており、発生するイベントも無数に存在します。

周回プレイが前提となっており、単純にストーリーをクリアするだけでも100時間以上は遊べます。何度も周回したくなるようなやり込み要素とストーリー分岐、時間を忘れてプレイし続けてしまう奥の深いゲームシステムが魅力的。

「遊べるエロゲ」として多くの人に愛された「ランスシリーズ」の完結編にふさわしい作品です。

ランスシリーズを無料で遊ぶ方法

エロゲの値段は一般的に2000円~3000円のロープライス、4000円~7000円のミドルプライス、8000円以上のフルプライスに分かれており、だいたいのエロゲがこの価格帯に収まります。

やっぱりエロゲは値段が高い!

家庭用ゲーム機の新作ソフト1本買える値段です。自分の性癖に合うかも分からない作品に大金を出すのは、やはり勇気のいることだと思います。

そんな人におすすめなのがFANZAの「GAME 遊び放題プラス」です。

『戦国ランス』や『イブニクル』など、3000を超える有名タイトルを無料でプレイすることができます。(もちろん全Hシーン追加料金なしで楽しめます)

『GAME遊び放題プラス』で遊べる『ランスシリーズ』一覧↓

  • ランス01 光をもとめて
  • ランス03 リーザス陥落
  • ランス5D ひとりぼっちの女の子
  • RanceVI〜ゼス崩壊〜
  • 戦国ランス
  • ランス・クエスト マグナム 統合版
  • ランス9 ヘルマン革命

7日間無料」のお試し体験ができるので無料期間中に気になっている作品をプレイし、購入を検討するのが良いでしょう。無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

エロゲを購入するか悩んでいる人は、まず無料体験でどのようなゲームか実際にプレイしてみることをおすすめします。


『GAME遊び放題プラス』を利用するメリット・デメリット、『GAME遊び放題プラス』で遊べるおすすめのエロゲについて詳しくまとめている記事があります。

『GAME遊び放題プラス』の利用方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

FANZA GAME遊び放題プラスで遊べるおすすめエロゲを紹介【メリット・利用方法を徹底解説】